2011年06月04日

大仙公園・日本庭園

0061.jpg

堺市の都市公園で、計画面積は約81ha。北側に仁徳天皇陵(大仙陵古墳)、南に履中天皇陵があり百舌鳥古墳群と呼ばれ大小の古墳が散在している。
今回は大仙公園でも園内にある日本庭園の案内。
日本庭園鑑賞は6月がシーズンだと私は勝手に決めている。思い立って大仙公園の日本庭園を訪問してみた。よく整備された日本庭園である。
大仙公園の西寄りにあるのだが、公園東側の入口近くには茶室「伸庵」や「堺市立博物館」もあるが、ここからはかなりの距離がある。

日本庭園は南北に長い敷地に、筑山と池や渓流、滝などを取り入れた本格的な日本庭園である。庭園内の建物は数奇屋風の大きな「休憩舎」の他に、「甘泉殿」「傘亭」「流杯亭」「青苔亭」がある。休憩舎の和室は集会等に借りることもできる。
駐車場も周りにたくさんある。

0906_21.jpg

日本庭園の入園料:大人200円、子供100円(小中学生)
駐車場:最初1時間が200円、以降1時間毎に100円、最大600円

◆大仙公園日本庭園【庭園概要】
総 面 積:26,000u
庭園形式:筑山林泉廻遊式
設  計:大阪芸術大学教授 中根金作
休 憩 所:数奇屋風寝殿造り(建築総面積:376.07u和室18、8、4畳・土間181.7u)
管  理:南海・田中・大阪造園共同企業体(指定管理者)



posted by もっち at 20:29| 庭園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする