2010年03月23日

続、弁天町なぞなど

Cimg9205m

Cimg9208m

弁天町の位置づけとなると、オーク200・ホテル大阪ベイタワーなどの高層ビルはあるけども、大阪的価値観での評価となると全然弱い。街としての存在感があまりない。大阪の価値観には特徴を言い過ぎるところがある。

最近はようやく御堂筋も立派な通りと認識されるようになったが、以前は必ずしもそうではなかった。マスコミの記事によくあったのは「休日は銀行のシャッターが閉まって楽しくない!」や「歩いて楽しいオープンカフェを」とか・・・。

大阪の中枢だから銀行などのビルが多く軒を並べるが、近年は金融機関が撤退して、多くの提案者の希望通り、カフェなどの店舗が増えた。カフェやショールームなどならまだしも、コンビニも一軒できていたので、私はショックを受けたのだった。私のいう御堂筋とは、淀屋橋−船場中央間なのだが、本当に御堂筋にコンビニは最近までなかった。

私には理解に苦しむ提案だった。金融機関のビルが並ぶストリートと、歩いて楽しいお店が並ぶ通りと、どっちが重要で評価できるのか?

もちろん都市の重要性を考えるならば、金融機関が並ぶ通りが立派で重要なのは論を待たない。簡単にいえばオフィスビル街を評価すべきなのだが、これができていなかった。

同じビルでも、オフィスビルとマンションでは重要度はまるで違う。住機能のマンションの影響力などほとんどないに等しい。その都市の力量は都市圏のつなぎ止めている人口の問題であろう。

だから、どきどきこういう提案が新聞に載ったりすると、大阪を衰退させたい人の意見と思ってしまうのだが、どうだろうか? 要するにデパートや目立った商業施設のない新大阪をもっと評価する必要があるかもしれない。

大阪的価値観は軌道修正が必要である。それは得体の知れない権力によって監視されているように見える。政府はもちろん、記者クラブの場合もあって、その場合は統制がとれているのでわかりやすい。橋下知事誕生の府知事選挙では大阪府とは一切いわず、府抜きの「大阪知事」と各新聞の統一は完璧だった。

先月の2月には突如、ミナミ・キタの報道が多くなった。このミナミなどとカタカナで書くのは非常に悪い見本で、大阪はこの言い方をやめるべきなのだが、なくならない。

なぜやめるべきなのか? これは都市の多様性を拒否している。あたかも大阪にはミナミとキタの二つしかないような印象を与える。観光案内のほとんどすべてにこう紹介されているのも痛い。大阪をほとんど知らない人間でも、ミナミ・キタの言い方は知っている。

これは旅行先で言われて、ショックを経験したことがある。

大阪を魅力的にする方法の一つは、ミナミというのをやめるだけで相当の効果が期待できる。都市の魅力は、多様性であり、どこまで行っても未知の場所があるような広がりにある。

残念ながら、この言い方は大阪自身が言い出した言い方であるが、得体の知れない権力は心得たもので、大阪にとってマイナスになる事象をピックアップして強調するのが得意とする。大阪が大阪自慢のつもりで、再建した通天閣もすっかり上げ足取りされてしまった。いまではダントツの大阪名所。はては鶴橋まで大阪名所にされてしまったのには恐れ入る。

都市の多様性を拒否している部分や、大阪的価値観の偏向振りは大阪市の政策そのものにも内在している。明治以来国家と対立してきたのが、そうしたゆがんだ思想になった気がしているが、これは非常にわかりにくいが興味のある現象といえる。

弁天町の位置づけから始めた話なのだが、戻すと・・・
弁天町とはベイエリアへの玄関・入り口とするのがもっとも適正な性格であろう。オーク200のホテルは「大阪ベイタワー」だし、天保山や南港に行くにも、弁天町が中継点である。道路ににても同様、国道43号と十字にクロスして中央大通があって、大阪港、南港方面となる。

Cimg8485
オーク1番街

Cimg8488
オークの案内板、オーク200はオフィス階が多い。
プリオタワーもオフィス階がけっこうあるのは知らなかった。これが重要!

posted by もっち at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 弁天町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする