2014年03月29日

JR大和路線 久宝寺駅で夜景の試し撮り

関西本線(大和路線)の久宝寺には「メガシティータワーズ」が立っていたり、八尾市民病院があったりします。八尾駅寄りにはジョーシンも出来ています。
それにしてもJR久宝寺駅は立派になったものです。昔は何があったのかというと、国鉄時代には電化は遅れて、長い間、気動車が走っていたのです。当時は竜華操車場があったのです。その竜華操車場跡地が再開発によって駅周辺が生まれ変わりました。お隣の八尾駅よりも立派になりました。八尾の中心駅は近鉄八尾駅ですが。

009.JPG
夕暮れから撮り始めました。

010.JPG
ジョーシン久宝寺店が出来ています。

ソメイヨシノが咲き出したようです。のんきにしてる場合じゃない。

011.JPG
最初の流し撮りです。

012.JPG
おっと、快速同士のすれ違いです。

013.JPG
暮れなずむメガシティータワーズです。

018.JPG
メガシティータワーズも入れて撮影しました。

020.JPG
店舗はライフとパチンコ屋さんのようです。

夜景撮影のお試しをやってみました。しかし、JR大和路線の電車がひっきりなしによく来ます。最初はISO800で撮っていたのですが、どうもシャッターが遅いようなので、ISO1600に上げました。コンパクトデジカメです。ISO感度がもっと上げられるなら、もっと上が良いようです。
[PR]


posted by もっち at 23:10| 河内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月04日

八尾史跡の道 神立茶屋辻を訪ねて

在原業平の高安通いで知られる「神立茶屋辻」を訪ねてみた。
業平(なりひら)の高安通い伝説

001.JPG
こんな道が現れる。すぐに地蔵さんと石碑がある。

玉祖(たまおや)神社の駐車場に車を止め、近くにいた近所のご婦人と思しきひとに、聞いたら、すぐに分かった。手前の八尾十三峠線寄りらしい。上に登る細い道があるので・・・

すこし上に数軒の家が見えていた。
この辻には多くの茶屋が並んでいたのでその名がある。
在原業平と茶屋娘の恋物語で名高い。

003.JPG

004.JPG

006.JPG

008.JPG

最初の史跡の道の石碑があったが、そのすこし上にも、地蔵とともにもうひとつ石碑があった。
それには・・・

007.JPG

君来むと
いひし夜ごとに過ぎぬれば
頼まぬものゝ恋ひつゝそ経る

「伊勢物語二十三段 筒井筒より」
それでも女は待ち続け、この歌を詠んだ
・・・とある。
009.JPG
そこに中学生が二人、自転車を押して登ってきた。水呑地蔵まで行くのだろうか。

011.JPG
続いて男一人が登っていった。こんな夕方からどこ行く。

012.JPG
振り返ると、自然公園道が見えていた。

018.JPG
ヘアピンカーブが交差点になっている。

024.JPG
自然公園道から見ると上り口がよく分かる。
でも、何となく切ない歌だったなぁ・・・
[PR]


posted by もっち at 16:31| 河内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。