2015年03月29日

八尾神立 玉祖神社に参拝

キレイな花が見れないかな〜と、思って、八尾・高安山麓の玉祖(たまおや)神社に訪れました。
さいわい、モクレン、菜の花、ユキヤナギなどを見ることができました。
桜の開花も確認したいとおもいましたが、薄桃色に咲く花が、ソメイヨシノか、桃の花か分かりませんでした。

001.JPG
モクレンの花

008.JPG
桃か桜か分からん

007.JPG
遠景にあべのハルカスが見えている。

しかし、この時期になると、花はいっぺんに咲き出すようです。
平凡ですが、菜の花を見たいと、前から思っていたので、ラッキーでした。
探しても見つからないのが花ですからね。

012.JPG
玉祖神社、本殿

003.JPG
石碑

023.JPG
珍しく、菜の花が咲き誇ってました。

024.JPG
菜の花の咲く風景。

028.JPG
ユキヤナギ

玉祖神社は在原業平(825年〜880年)の高安通いの伝説で有名です。
業平は平安時代の歌人で、六歌仙の一人としてその名を残す人物です。
在原業平(ありわら の なりひら)は容姿端麗で、情熱的な和歌の名手であったといわれ、男女の恋愛にまつわる言い伝えが各所で残っています。

芦屋にも東京にも「業平」の地名があるのを、いまだにどういう理由なのか知らずにいるのです。

<業平(なりひら)の高安通い>
 在原業平(ありわら の なりひら)が大和・龍田から平群、十三峠を越えて、高安にある玉祖神社(たまおやじんじゃ)に参拝するとき、神立(こうだち)の辻にある茶屋の娘・梅野を見初め、その後しばしばそこに通うようになりました。在原業平(ありわら の なりひら)は、来るときはいつも決まって、近くの松の木から笛を吹いて梅野に合図をし、会っていました。
[PR]


posted by もっち at 00:00| 花めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月19日

気分爽快春本番 道明寺天満宮にも行ってきた

荒仙公園で梅が満開だったので、藤井寺市の道明寺天満宮に廻ってみた。
荒仙公園からは府道34号堺狭山線を走って富田林に向かい国道170号大阪外環状線に入り北上します。
但し、道明寺天満宮は旧170号になるため西浦から旧170号にチェンジする。
今度は旧170号を北上する。そうすると、堺大和高田線の土師ノ里交差点の手前300mくらいで天満宮への標識が出ている。交差点から150mくらいで天満宮に到着する。近鉄道明寺駅も近い。

021.JPG

023.JPG

正直、この天満宮は子供の頃に来たことはあったが、ほとんど初めての印象である。
いちど、彼女に誘われたこともあったが、じゃまくさくなって、断ったこともあった。

024.JPG

025.JPG
大阪の夏の陣、道明寺合戦の旗がはためいていた。

029.JPG
梅園は奥になっていた。

030.JPG
5時で閉門になるので係員が呼びに来た。

035.JPG
しょぼい盆梅が飾ってあった。

しっかし、雨がよく降るよね。
17日に晴れただけで、18日以降雨が連続して降っている。
明日の20日(金)は、ようやく春の陽気になるらしいが、
今度こそ春本番になるだろう。ここまで来たら一時的に寒の戻りがあっても、もう冬に戻らない。帰り道、近鉄土師ノ里駅の前を通って帰った。

037.JPG
近鉄土師ノ里駅はキレイになっていた。

あと、梅林見物はフィナーレというのかファイナルとして、今度の日曜3月22日に賀名生に行く予定にしている。これで今年の梅は終了にして桜に移行する寸法だ。
posted by もっち at 21:59| 花めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。